情報日記

日々の生活や四季のイベント情報、趣味の魚釣りについて語っていきます。

5月の話題

母の日のプレゼントは手作りで!子供や学生にもできる贈り物や感謝の言葉

2017/04/28

春になり母の日も近付いてきましたね。

お母さんにプレゼントする贈り物は皆さんもう決まりましたか?

プレゼントと言ってもまだ働いていないお子さんや学生さんは予算も限られていることでしょうし良いアイデアが出ないこともありますよね。

そこで今日は誰でもすぐにできるプレゼントの案や感謝の気持ちを表す方法をご紹介していきます。

贈り物に悩んでいる方や「毎年肩たたき券じゃな〜!」って方は一度読んでみてくださいね。

スポンサードリンク
  

母の日のプレゼント。お金をかけずに手作りで

母の日の贈り物。やっぱり一番に思いつくのはカーネーションですよね。普段の日なら一輪で高くて200円くらいです。だけど母の日に合わせて買おうとすると倍以上の値段がかかってしまいます。約400〜500円。これを花束にしたりすると数千円〜1万円以上の予算が必要になります。ちょっと大変ですよね。あまりお金のかからない物や手作りの物だとショボいしできることなら豪華な物をプレゼントしたい、お母さんの欲しい物を贈りたい、そう考える人も多いでしょう。

でも、自分が「何をあげたいか!?」の前にお母さんは「何をもらったら嬉しいか!?」と考えてあれこれ聞いたり調べたりしてみると高価な品物や豪華な食事だけでは決してないんです。

ようするに日頃お世話になっている事への感謝やお礼の気持ちを伝えれば良いんです。特に皆さんがまだ社会人でないのならお金がない事なんて親御さんはお見通しです。ですので自分のできる範囲でプレゼントや感謝の言葉を贈れば十分喜んでくれますよ。もちろんお年玉やお小遣い、アルバイトのお給料なんかを貯金してプレゼントを贈るのも素晴らしい贈り物だと思います。でも、あまり奮発しすぎると喜んでもらうどころか逆に心配させる事もあるので気をつけてくださいね。

プレゼントの方法はいくつもありますが、あくまでもお金よりも気持ち、自分のできる範囲で母の日をお祝いしましょう。

・母の日のおすすめプレゼントや予算の相場は!?
 http://johoiroiro.com/738.html

・母の日に贈るカーネーションの花言葉について
 http://johoiroiro.com/825.html
 
 

母の日のプレゼントで手作りできて子供や学生でもできる贈り物

ということで、ここからは手作りできる物や簡単にできるプレゼントを考えていきましょう。予算はだいたい1000円くらいで済むように計画を立ててみます。

定番のカーネーションを用意します。先ほども書きましたが、生花ならシーズン中は一輪400〜500円です。造花なら100円ショップやホームセンターで安く手に入ります。生花を一輪買って贈って花言葉で気持ちを伝えるの花言葉で気持ちを伝えるも良いですし、余裕があるならお手頃な値段のエプロンやハンカチ、その他にも日用品として使うことのできる物なんかをプレゼントとして贈れば立派な贈り物になりますよ。

写真立てをプレゼント

写真立てに家族の写真を付けて贈るのはどうでしょう。これなら1000円もかからないし、フレームにカーネーションの造花をデコレーションして贈れば「母の日仕様」でプレゼントすることができますよ。写真立ては既製品を安く買うこともできますし、キットもあります。なんなら画用紙や段ボール、木の端材などで自作することも可能です。母の日に撮った家族の写真を「母の日仕様」の写真立てに収めれば、いつまでも思い出に残る贈り物になること間違い無しです。

スポンサードリンク

ご飯を作ってあげる

いつも家事や炊事を頑張ってくれているお母さん。せっかくなので母の日は休んでもらって皆さんが代わりにやってあげましょう。安くて簡単にできる料理なんていっぱいありますよ。例えばカレーライス。必要な野菜を切ってお肉と炒めて後は煮るだけ。煮込む間にレタスやトマトを切っておけばサラダも完成です。

手巻き寿司も簡単で良いですね。具材を切って酢飯と海苔を用意するだけです。実際に私も母の日や誕生日なんかにはよく作ってましたよ。一人で包丁を握らせるのが心配だったらしくほぼ一緒に作ってましたけど(笑)ご飯や海苔なんかの基本的な食材で家にある物があればそれを使い、お母さんの好きな食べ物で手巻き寿司の具になりそうな物を一つか二つ買い足せば「母の日手巻き寿司パーリー」の準備はバッチリです。

お菓子やスイーツをプレゼント

お菓子作りが得意な方ならクッキーなんかを手作りしてプレゼントするのもアリです。袋や箱も100円ショップにいろいろ売っているので、行ってみると安くて良い物が見つかると思いますよ。他にもホットケーキミックスに卵と牛乳を混ぜて弱火で焼き、仕上げに生クリームやアイスを乗せたりハチミツをかければ立派なスイーツの出来上がりです。おやつにもデザートにもなります。

動画を使う

スマホがあればメッセージを動画で撮ってSNS等でお母さんに送ることだってできます。また、お父さんや兄弟、家族みんなでメッセージを録画して母の日にお母さんに送信すれば喜んでもらえますよ。お母さんが寝てる間に動画を贈っておけば朝起きた時にちょっとしたサプライズにもなるかもしれません。これなら全くお金をかけずにできますし、家族中巻き込んで盛り上がれる演出です。

単に物を贈るだけでなく、演出を考える事でも良い母の日にする事ができるので参考にしてみてくださいね。
 
 

母の日のプレゼントに添える感謝の言葉

母の日はお母さんに感謝の気持ちを表す日です。家族や子供たちから日頃の感謝や労いの言葉を貰えればお母さんも嬉しく無いわけがないです。むしろなんの言葉もなくプレゼントだけ渡しても寂しいじゃないですか。

例えどんなに高価な物や、食事や旅行なんかをプレゼントしたとしても皆さんの想いが一番大事です。プレゼントを贈る時は「いつも美味しいご飯をありがとう」とか「いつまでも元気でね」、声に出すのが照れくさいのならカードや紙に一言「Thank you」と書いておくだけでも構いません。

母の日のプレゼントとともに自分の感謝の気持ちを必ず伝えましょう。たった一言でもお母さんにとっては宝物になるはずです。

私の話ですが少し前に実家の大掃除をしていた時に、私が昔母の日に贈った似顔絵が出てきたことがあります。たしか小学校の低学年くらいの頃だったと思いますが、画用紙にクレヨンで描いた似顔絵で上の方に「いつもありがとう」って書いてありましたね。他にも工作で作ってあげた小物入れやらクッションやらなんやら、、、。そんなたわいもない、お金にしたら1円にもならない物ですけどかれこれ20年以上も大事にとってありましたから。

今、まだ若い皆さんには実感が無いかもしれませんが、そういった気持ちを込めた物や言葉、自分のために行動してくれたり時間をかけてくれた事こそが何十年先まで残る最高のプレゼントになるんですよ。
 
 

まとめ

ここまでいくつか案を出してきましたがどうだったでしょう。何か良い計画は立てれそうですか!?

この他にも身近にある物、簡単に用意できる物はたくさんありますから、これらを参考にしいろいろ探してみてください。上に書いた案を組み合わせて実行しても良いでしょうし、考えているうちにもっと他のアイデアが浮かぶ事だってあるかもです。

母の日で一番大切なのは「気持ちを伝える事」と言う事を忘れずに、いつまでも思い出に残るステキな母の日にしてあげてくださいね。

それでは!

スポンサードリンク

-5月の話題
-,